結婚式のスーツはフォーマルに

結婚式は、ビジネスタイプのスーツよりもフォーマルな感じの方がピッタリと合うと言えます。フォーマルタイプのものには、ビジネスタイプのものと比較をすると地味で黒のカラーが多いと言えるでしょう。
世界的に見てみると、結婚式に着用をするスーツは決まったものはありません。性別に関係なく、自由なスタイルで出席が出来る事によって華やか感を演出し、より豪華なイメージを演出してくれるのです。
しかし、日本においては違うと言えます。日本においては、白いネクタイにブラックスーツというスタイルでの出席がほとんどです。

そして、日本のみならず世界においても新郎新婦の格好に合わせたスタイルで出席をするといった事が基本的なマナーです。この事は、新郎新婦の価値を下げてしまうといった意味ではありません。ファッションスタイルを少し控えめにするという意味です。ですので、自分スタイルは持った上で選んで頂きたいと思います。

フォーマルウェアだけのみならず、基本的なルールは守る事が大切です。基本的な事からはみ出してしまう事によって、人から非難をされてしまう場合も出てきますので、せっかく結婚式のお祝いだからと言っても慎む事も必要となります。

そして、カジュアルパーティのような披露宴の場合には、ただブラックスーツにネクタイといったスタイルよりも、ベストをグレーにして、アスコットスカーフにするといったスタイルを取り入れる事によって、お洒落に着こなす事が出来ます。
同じ結婚式と言っても様々なスタイルがあります。新郎新婦に配慮をした形式のファッションスタイルを取り入れる事によって、長く良い関係を維持し続ける事が出来るのではないでしょうか。

▶ 結婚式・ゲストの服装&マナー情報